令和の時代も「犬山名物 藤澤げんこつ」宜しくお願い致します。

残暑お見舞い申し上げます。

令和の新たな時代を迎えてから、早3ヶ月がたちましたね。

「良かったらお店に飾ってね」と当店の御常連のお客様よりいただきました御城印。

5月1日の土砂降りの中、ご夫婦で早朝より並んで手に入れて下さったそうで、

有難く額に入れて飾らせていただいております。

 

先頃、「平成30年度 愛知県観光土産品推奨並びに認定審査会」にて、

当店のげんこつ飴を『愛知県観光土産品協会長賞』に選定いただきました。

歴史ある犬山の、140余年続く伝統ある名物の藤澤げんこつ。

作り続ける上での大きな励みになります。

 

そして、サンデー毎日 3月10日号、

「時田慎也 とことん1日旅 城下町ものがたり 犬山編」の特集内にて、

当店も取り上げていただきました。

私が藤澤げんこつを引き継いだのが、平成元年4月。

私の中では激動の平成の時代でしたが、「どんな時もげんこつと共に歩んだ」

と言っていいほどの平成の世でした。

御退位直前の上皇様、上皇后様が表紙を飾る紙面の中の一部にご一緒させていただけ、

絶大なるご褒美がいただけたようで、大変有難く感無量の面持ちです。

 

ところで、この春の観光シーズンが終わるまで、何かと多忙を極めており、

ほぼお休み無し状態でした。。。

時には心にも栄養補給を!!と、

ミュージカルの金字塔「レ・ミゼラブル」を観て参りました。

リニユーアルしてからの初御園座。

今回は、マダム・ティナルディエ役続投の鈴木ほのかさんに

直接チケットを手配してもらったおかげで、大変良い席での観覧。

オーケストラピットがある為、5列目が最前列でしたので、4列目とあって最高に楽しい一時でした。

役者さんたちの細かな仕草、表情、息遣いまでもが直に感じ取れてしまうほどで、

ググッと舞台に引き込まれます。

吉原さんのジャンバルジャンに目がキラキラハートになりながら、、、

今更言うまでもありませんが、ほのかちゃんのとても豊かな声量、演技の幅の広さは本当に素晴らしく、感動の渦が巻き起こります。

レミゼ、見る度ごとに感動が深まり、深みにはまってゆきます。

今回はほのかちゃんの千秋楽の日で、カーテンコールにて

「レミゼ日本初公演から関わり続け、昭和でコゼット、平成でファンテーヌ、

そして新たな令和ではマダム・テナルディエを演じ続けていけたら。」

というご挨拶に、心より拍手。

ほのかちゃんの偉業とは全く比べ物にはなりませんが、ちょっぴり通じるものがあり・・・

昭和の終わりにこのげんこつ飴に出合い、平成と共に私の代になり、令和の時代でも藤澤げんこつ。

何事にも続けるという事はとてもとても大変な事ですが、

私の周りの頑張っている皆様のお蔭で、沢山の元気をいただきながら、頑張ることが出来ます。

私も同じく、犬山の名物の藤澤げんこつの歴史を、

末永く重ねて行けましたら何よりの幸せに思います。

(終了後、楽屋にて)

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。